Runとジーンズと、たま〜に雑記🏃‍♂️👖

ランニング日記、デニム育成記録を主に書いていきます。たま〜に雑記も( ・∇・)

新しいジーンズ(commonplace)の紹介

皆さんこんにちは。デニムジャケットを着て以来、服選びに悩まなくなったQです。

 

残暑も収まり、10月はジーンズの育成を開始するにはもってこいの季節。

そんな10月に入った最初の週末。そんな今日は新しく育成開始するジーンズの紹介です。

 

commonplaceのジーンズ(井原デニム)

今回育成していくジーンズは井原(いばら)デニムの「commonplace」です。

f:id:Qshima:20201004093635j:plain

井原デニムとは

岡山県井原市で生産されたデニムのこと。井原市で日本初の国産デニムが作られたことから「デニムの聖地」と呼ばれています。1970年代には国産ジーンズの約70%が作られていたそうです。

 

このジーンズは百貨店で開催されていた井原デニムフェアで出会いました。

試着してみると生地が非常に柔らかい。生地の厚さが14.5ozと聞いて驚きました。この履き心地が決めてとなり、購入に至りました。

f:id:Qshima:20200922155245j:plain

 

では全体像から。

f:id:Qshima:20201004092232j:plain

f:id:Qshima:20201004092216j:plain

後ろポケットが特徴的。セルビッジが見える面白い作りになっています。

店員さんに聞いたところ、このポケットを作るために、通常のジーンズを作るより余計に30cmほど(そのぐらいだった気がします)を使っているそうです。

 

では各詳細にいきます。

まず生地から。

生地は綿100%。革パッチは牛革

f:id:Qshima:20201004091442j:plain

 

白い革パッチとは珍しい。デザインは富士山と竹なんでしょうか。

f:id:Qshima:20201004124629j:plain

 

 

こちらはボタンフライ。ボタンのデザインはシンプル(ドーナツ型)です。

f:id:Qshima:20201004095503j:plain

 

ボタンを閉めると、、、、あえて半分見せるという遊び心。

この部分の色落ちはどうなるかワクワクします。

f:id:Qshima:20201004123504j:plain

 

赤い部分はスマホ用のポケット。これもなかなか面白い。

使ってみると結構、重宝しています。後ろのポケットよりも使いやすいかも。

f:id:Qshima:20201004124047j:plain

 

他にも

インサイドシーム(足の内側)が2本縫いしてあるのも他にはない特徴になっています。

f:id:Qshima:20201004124327j:plain

 

リベットは金色と銀色の2色。

f:id:Qshima:20201004124758j:plain

 

リベットを裏側から見ると金色です。

f:id:Qshima:20201004125054j:plain

 

最後にウエストベルト内側のブランドネーム。

f:id:Qshima:20201004125301j:plain

 

なかなか遊び心のあるジーンズです。。特に面白いと思ったのはこの4点。

① 後ろポケットのセルビッジ

② 前にあるスマホ用ポケット

③ 半分見えるボタンフライ

④ 2本縫いのインサイドシーム

 

今日は育成を開始するcommonplaceの紹介をしました。

Qの大好きな国産デニム。井原デニムは初体験。スマホ入れや後ろのポケットなど遊び心がいっぱいのジーンズになります。

これから愛情込めて育てていきます。

経過報告も書いていきますので、楽しみにしていただければ幸いです。

 

では最後に育成詳細を書いて今回は終了です。

 

<育成詳細>

ブランド

 commonplace

品番

 M308D(テーパード)

状態

 ワンウォッシュ

生地メーカー

 クロキ株式会社(岡山県井原市

オンス

 14.5oz

着用頻度

 週3〜4日

洗濯回数

 0回 

 

 

 

↓ にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村