Runとジーンズと、たま〜に雑記🏃‍♂️👖

ランニング日記、デニム育成記録を主に書いていきます。たま〜に雑記も( ・∇・)

育成中ジーンズの経過報告(5ヶ月半) 「THE STRIKE GOLD」 

皆さんこんばんは。ジーンズ大好きなQです。

 

今日は育成中のジーンズが5ヶ月半経過したので紹介します。

 期間が中途半端なのは気にせずに( ̄▽ ̄;)

育成中のジーンズ

育成しているのは「THE STRIKE GOLD」のジーンズです。

SG2105 17oz オリジナルセルビッチデニムタイトストレート

f:id:Qshima:20191210204154j:plain

購入店:倉敷天領デニム児島店

価格:26,000円(税抜)

注)2018年11月購入時

 

「THE STRIKE GOLD」は2007年に岡山県倉敷市児島で生まれました。

17オンスの生地はヴィンテージデニムと同様の手法で作られています(一般的なデニム生地に比べて1/5の生産効率)。

鹿革パッチや鉄製ボタンを使用するなどエイジングにこだわりを持っており、Qはそこに魅力を感じました。

世界に有名な岡山ジーンズのプライドをかけて「こだわりの1本」を作っているブランドです。

 

では写真で育成具合を紹介します。

 

育成開始5ヶ月半経過

前側

f:id:Qshima:20200315152239j:plain

 

後側

f:id:Qshima:20200315152328j:plain

毎日履いていますが、まだまだ色落ち途中の状態(未洗濯)。

もう少し履いてから初洗濯をしようと思います。

予定では5〜8月ぐらい。

ここでの頑張りがジーンズの育成結果に繋がるので。

 

ここからはちょっとマニアックというか、目立たない部分のエイジング紹介をしていきます。

 

ちょっと目立たないエイジング部分

リベット裏のサビ

これは外からでは見えない部分。

上の写真は履いてから1ヶ月ぐらい。下が現在のリベットです。

 

f:id:Qshima:20200315152911j:plain

全てのリベットが錆びているわけではありませんが、だいぶサビが目立っています。

「THE STRIKE GOLD」は鉄製のリベットを使用しているので、履き込むごとにサビが出てきます。これもエイジングにこだわりをもっているメーカーならではです。

 

隠しリベットによる色落ち

続いては後ろポケットの隠しリベットによる色落ちです。

ポケットの補強として裏側にリベットが打ち付けてあります。その部分が擦れて(出っ張っているので)白くなっています。

f:id:Qshima:20200315153852j:plain 

 

隠しリベットの目的としてはポケットの補強なのですが、この色落ちがQは大好きです。

 

ちなみに隠しリベットがない場合の色落ちがこちら。

糸も切れることなく、色落ちもそれほどです。

ちなみにこちらのジーンズは9ヶ月半毎日履いたものです(senio second )。

 

比較してみるとこんな感じ。下側が隠しリベットの写真です。

左側:THE STRIKE GOLD(5ヶ月半)    

右側:senio second(9ヶ月半)

f:id:Qshima:20200315154745j:plain

リベットの有無で、ジーンズの色落ち具合が変わってくるという紹介でした。

こういったところにこだわってくるのがメーカーとジーンズマニアなのです(笑)

 

今回はリベット裏のサビや隠しリベットの色落ちなんてなかなか細かいところを紹介してみました。

他にも気になるところがあったら今後、紹介していきます。

 

 

育成詳細

最後に育成期間や履き込み時間を記載して今日の記事は終了です。

 

育成期間

   5ヶ月半(2019年10月より育成開始)

履き込み時間 

   約825時間

1日平均:約5時間(基本毎日履き込み)

*)平日:3〜4時間

  休日:12時間以上

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました(⌒▽⌒)

 

↓ にほんブログ村に参加しています

にほんブログ村 ファッションブログ デニム・ジーンズへ
にほんブログ村